目次に戻る

head要素:HTML Living Standard各要素別メモ

概要

カテゴリー
  • なし。
配置できる場所
内容モデル
  • 0個以上のMetadata contentただし、下記の条件をすべて満たさなければならない。
    • base要素は1個以下でなければならない。
    • 省略が許される例外の場合を除いて、1個だけのtitle要素が必須。
  • title要素の省略が許される例外:当該HTML文書iframe要素srcdoc属性値として記載されているものである場合、又は、タイトル情報がより高いレベルのプロトコルで確実に入手可能な場合(例→HTMLメールでメールに件名情報がある場合)。
  • 他の要素の規定による制限
    • charset属性又はhttp-equiv属性文字エンコーディングを指定するmeta要素は、どちらか一方を1個以下しか配置できない。また、この配置はHTML文書の先頭から1024バイト内でしなければならない。
    • 当該HTML文書iframe要素srcdoc属性値として記載されているものである場合は、charset属性又はhttp-equiv属性文字エンコーディングを指定するmeta要素を配置してはならない。
属性
HTML構文におけるタグの省略
  • 開始タグ→一定条件で可。
  • 終了タグ→一定条件で可。
WAI-ARIA
  • すべてのrole及びすべてのaria-*属性は指定不可。
視覚系ブラウザデフォルトとして期待されるCSS

  head {display: none;}
  
意味・用法

HTML文書メタデータの集まりを表す。

アクセシビリティ関連

私見・補足

多くのMetadata contentFlow contentにも属していて(あるいは、HTML extensionで、Flow contentに属することが可能となっていて)、body要素内にも配置できちゃったりするので、head要素の独自の意義が薄れているような気がしないでもない。