目次に戻る

body要素:HTML Living Standard各要素別メモ

概要

カテゴリー
配置できる場所
内容モデル
属性
  • グローバル属性
  • 以下、body要素限定のイベントハンドラ属性属性値は、妥当なジャバスクリプトコードテキスト
    • onafterprint→印刷されたとき。
    • onbeforeprint→印刷されようとするとき。
    • onbeforeunload→そのウェブページがアンロードされようとするとき。
    • onhashchange→そのウェブページURLフラグメント部分が変わったとき。
    • onlanguagechange→ユーザーの言語が変化したとき。
    • onmessage→メッセージが受信されたとき。
    • onmessageerror逆シリアル化できないメッセージを受信したとき。
    • onoffline→ネットワーク接続に障害が発生したとき。
    • ononline→ネットワーク接続に障害から回復したとき。
    • onpagehideセッション履歴内の現在のウェブページであることをやめるとき。
    • onpageshowセッション履歴内の現在のウェブページになるとき。
    • onpopstateセッション履歴内で移動するとき(戻る・進むメニューを押すとき)。
    • onstorageWeb Storageに対する変更があったとき。
    • onunload→そのウェブページから離れるとき。
    • onrejectionhandled→未処理の拒絶済みのpromiseが処理されたとき。
    • onunhandledrejectionpromiseの拒否が処理されないとき。

W3C : HTML5.3:下記の属性が存在してなかった。

  • onmessageerror
HTML構文におけるタグの省略
  • 開始タグ→一定条件で可。
  • 終了タグ→一定条件で可。
WAI-ARIA
  • デフォルトroleは、documentデフォルトroleは、role属性値に指定すべきでない。
  • デフォルトrole以外のroleは、指定不可。
視覚系ブラウザデフォルトとして期待されるCSS

  body {display: block;}
  
意味・用法

HTML文書のコンテンツを表す。

アクセシビリティ関連

私見・補足

HTML文書の本体部分を表す。

Sectioning rootであるから最上位セクションとなるので、Heading contentによる見出し入れが推奨される。