目次に戻る

link要素:HTML Living Standard各要素別メモ

概要

カテゴリー
配置できる場所
内容モデル
属性
  • グローバル属性
  • hrefリンク先又はリソースURL必須
  • colorCSSにおける色指定値。ユーザーエージェントウェブサイトをピン留めするときに目に付くアイコンの表示をカスタマイズするために使用することができる推奨色を定義する。rel属性値mask-iconでない場合には指定してはならない。
  • crossorigin→値は下記のとおりで、も可。の場合は、anonymousと同等。デフォルトは、anonymous。別オリジン(→別ドメインなど)からの読み込みに対して、ユーザー認証情報の要否を指定する。
    • anonymousユーザー認証情報を求めない。
    • use-credentialsユーザー認証情報を求める。
  • disabledブーリアン属性スタイルシートの読み込みを留保して適用しない場合に指定する。この状態は、スクリプトを用いないと解除できない。rel属性値stylesheetを指定してないlink要素に、この属性を指定してはならない。
  • hreflangリンク先又はリソースBCP47言語コード
  • imagesrcset→画像のURLと「非負整数+小文字のw」(例:200w)又は「非負浮動小数点数+小文字のx」(例:1.5x)とを半角スペース区切りでセットとして指定(後者は必須ではない)。カンマ区切りで複数セットの指定可能。レスポンシブイメージのための設定。
  • imagesizes→妥当なメディアクエリCSSlength値として許容される値とを半角スペース区切りでセットとして指定(前者は必須ではない)。カンマ区切りで複数セットの指定可能。
  • integrityサブリソースの改竄検証のためのハッシュ値この属性を指定するのは、stylesheetpreload又はmodulepreload属性値として含むrel属性をもつ場合においてのみでなければならない。詳細は、Subresource Integrityを参照。
  • mediaリンク先又はリソースメディアクエリデフォルトは、all
  • referrerpolicy→値は下記のとおり。アクセス又はリソース読み込みのときのリファラーヘッダに関するポリシーを指定する。詳細は、Referrer Policyを参照。
    • no-referrerリファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。
    • no-referrer-when-downgradeTLSで保護されたクライアントから信用に値し得ないURLへの送信の際は、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。その他の場合は、リファラー情報を全部送信する。
    • same-origin→非同一オリジンからの要請に対しては、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。同一オリジンからの要請に対しては、リファラー用に削った全部情報を送信する。
    • originドメイン部分のみをリファラー情報として送信する(例:「https://example.com/example.html」からのアクセス→「https://example.com/」のみを送信)。
    • strict-originTLSで保護されたクライアントから信用に値し得ないURLへの送信の際は、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。その他の場合は、ドメイン部分のみをリファラー情報として送信する。
    • origin-when-cross-origin→非同一オリジンからの要請に対しては、ドメイン部分のみをリファラー情報として送信する。同一オリジンからの要請に対しては、リファラー用に削った全部情報を送信する。
    • strict-origin-when-cross-originTLSで保護されたクライアントから信用に値し得ないURLへの送信の際は、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。その他の場合で、非同一オリジンからの要請に対しては、ドメイン部分のみをリファラー情報として送信する。その他の場合で、同一オリジンからの要請に対しては、リファラー用に削った全部情報を送信する。
    • unsafe-urlリファラー用に削った全部情報を送信する。
  • rel→値は、rel属性値の表で「指定可」とされている値とその他リンク先・リソースとの関係を示す。原則として複数指定不可。
  • typeリンク先又はリソースMIME type
  • sizesrel属性値icon又はapple-touch-iconの場合にそのサイズを指定する。書式は0を除く非負整数2個の間を大文字又は小文字の「X」で区切る形式(例:16X16)で、半角スペース区切りで複数指定可能。any(拡縮可能)も指定可能。rel属性値icon又はapple-touch-iconでない場合には指定してはならない。
  • as→値は下記のとおり。Potential destinationを示す。rel属性値preload又はmodulepreloadでない場合は、指定してはならない。rel属性値modulepreloadの場合は、下記のうち*印をつけたものしか指定できない。
    • audio→音声データ。
    • audioworkletaudioworkletモジュール
    • documentiframe要素によって読み込まれるHTML文書など。
    • embedembed要素によるプラグインデータ。
    • fontCSS@font-faceによるフォントデータ。
    • image→画像データ。
    • manifestマニフェスト
    • objectobject要素によるオブジェクトデータ。
    • paintworkletpaintworkletモジュール
    • reportContent Security Policyレポート
    • scriptスクリプト
    • serviceworkerserviceworkerスクリプト
    • sharedworkersharedworkerスクリプト
    • styleスタイルシート
    • track→字幕データ。
    • video→動画データ。
    • workerworkerスクリプト
    • xsltXSLTたる変換言語データ。
    • fetch空文字列
  • rel属性値stylesheetの場合は、title属性値は、代替スタイルシートのセットを定義する。
  • 上記以外の場合、title属性値は、リンクのタイトルを表す。
  • imagesizes属性が指定されている場合は、「非負整数+小文字のw」を指定するimagesrcset属性が必須。
  • 非負整数+小文字のw」を指定するimagesrcset属性が指定されている場合は、imagesizes属性が必須。
  • rel属性itemprop属性imagesrcset属性のいずれかが必須で、rel属性itemprop属性の同時指定は不可。
  • imagesrcset属性imagesizes属性を指定するには、属性値preloadrel属性及び属性値imageas属性が必須。
  • W3C : HTML5.3仕様本体から分離されたMicrodata仕様では、rel属性itemprop属性の同時指定は可とされていた。
  • W3C : HTML5.3integrity属性については、rel属性値stylesheetでない場合は、指定してはならないとされていた。

W3C : HTML5.3:下記の属性が許容されていた。

  • rev→値はrel属性値と同じ。リンク先から見た関係を示す。
  • pingピンの送信先のURL。半角スペース区切りで複数指定可。

W3C : HTML5.3:下記の属性が存在してなかった。

  • color
  • imagesrcset
  • imagesizes
  • disabled
HTML構文におけるタグの省略
  • Void elementなので、終了タグはなし。ただし、開始タグの末尾をスラッシュで閉じてもよい(/>)。
WAI-ARIA
  • href属性がある場合は、
    • デフォルトroleは、linkデフォルトroleは、role属性値に指定すべきでない。
    • デフォルトroleを除いて、すべてのrole及びすべてのaria-*属性は指定不可。
視覚系ブラウザデフォルトとして期待されるCSS

  link {display: none;}
  
ユーザーエージェントに対する特記事項
  • hreflang属性値及びtype属性値を信頼できる値だとみなしてはならない。
  • リンク先を追跡するユーザーインターフェースをユーザーに提供することができる。
HTML extension

RDFaによれば、下記のとおり。

  • property属性がある場合は、Flow contentカテゴリーにも属する。
  • property属性がある場合は、上記のカテゴリーが配置できる場所に、配置可能となる。
  • property属性がある場合は、rel属性は必須ではなくなる(同時指定は可)。
  • resource属性がある場合は、href属性は必須ではなくなる(同時指定は可)。

rel属性値に下記を追加。詳細は、Webmentionを参照。

  • webmentionWebmention仕様に基づくのリンク通知先。

Resource Hintsによれば、rel属性値prefetchの場合は、Preloadによるas属性を指定してもよい。

rel属性値に下記を追加。詳細は、Internationalization Tag Setを参照。

意味・用法

この要素は、著者がHTML文書と他のリソースとをリンクすることを許す。

私見・補足

HTML文書全体と関連性のあるリンク先・リソースを指定する。

この要素によるリンク情報に基づいて、ブラウザの機能・拡張機能としてナビゲーションを実装することはありうる。例えば、rel属性値nextが指定されている場合に、ブラウザのメニューバー領域に「次の文書へ移動」というメニューを表示するとか。

表示確認

Opera 12表示のスクリーンショット(ブラウザによるナビゲーション
Opera12表示:ブラウザの上部領域にlink要素によるナビゲーションが表示されている