目次に戻る

meta要素:HTML Living Standard各要素別メモ

概要

カテゴリー
配置できる場所
内容モデル
属性
  • グローバル属性
  • name→下記の表の値とその他
  • http-equiv→下記の表の値。
  • contentnamehttp-equivitempropのいずれかの属性がある場合には、その属性値によって規定される値。namehttp-equivitempropのいずれかの属性がある場合には必須で、charset属性がある場合は指定してならない。
  • charsetHTML文書文字エンコーディングを指定。utf-8以外不可。XML構文では、この方法による指定は解釈されない。
  • namehttp-equivcharsetitempropのいずれかの属性は必須で、かつ、これらを同時に指定してはならない。
  • 同一のhttp-equiv属性値を持つmeta要素が複数あってはならない。
name属性値に対応するcontent属性値
name属性値 content属性値
application-name 当該ウェブページが表すウェブアプリケーションの名前を示すテキスト
author 当該ウェブページの著者のうちの一人の名前を示すテキスト
description 当該ウェブページを説明するテキスト
generator 当該HTML文書を生成するために使用されたソフトウェアパッケージの一つを示すテキスト
keywords 当該ウェブページに関連するキーワードをカンマ区切りで列挙。
referrer 値は下記のとおり。アクセス又はリソース読み込みのときのリファラーヘッダに関するポリシーを指定する。詳細は、Referrer Policyを参照。
  • no-referrerリファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。
  • no-referrer-when-downgradeTLSで保護されたクライアントから信用に値し得ないURLへの送信の際は、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。その他の場合は、リファラー情報を全部送信する。
  • same-origin→非同一オリジンからの要請に対しては、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。同一オリジンからの要請に対しては、リファラー用に削った全部情報を送信する。
  • originドメイン部分のみをリファラー情報として送信する(例:「https://example.com/example.html」からのアクセス→「https://example.com/」のみを送信)。
  • strict-originTLSで保護されたクライアントから信用に値し得ないURLへの送信の際は、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。その他の場合は、ドメイン部分のみをリファラー情報として送信する。
  • origin-when-cross-origin→非同一オリジンからの要請に対しては、ドメイン部分のみをリファラー情報として送信する。同一オリジンからの要請に対しては、リファラー用に削った全部情報を送信する。
  • strict-origin-when-cross-originTLSで保護されたクライアントから信用に値し得ないURLへの送信の際は、リファラーヘッダを削除し、リファラー情報を送信しない。その他の場合で、非同一オリジンからの要請に対しては、ドメイン部分のみをリファラー情報として送信する。その他の場合で、同一オリジンからの要請に対しては、リファラー用に削った全部情報を送信する。
  • unsafe-urlリファラー用に削った全部情報を送信する。
theme-color CSSにおける色指定値。ユーザーエージェントがページやインターフェースの表示をカスタマイズするために使用すべき色を定義する。
http-equiv属性値に対応するcontent属性値
http-equiv属性値 content属性値
content-type HTML文書文字エンコーディングを指定。text/html; charset=utf-8以外不可。なお、XML構文では、この方法による指定は禁止。
default-style style要素又はrel属性値stylesheetlink要素title属性値デフォルト代替スタイルシートのセットを指定する。
refresh 秒数を示す非負整数、又は、「秒数を示す非負整数」+「; url=」+「妥当なURL」。リダイレクト又は自動更新を設定する。
content-security-policy Content Security Policy仕様に基づく値。ただし、report-uriframe-ancestorssandboxを除く。セミコロン区切りで複数指定可。
x-ua-compatible IE=edge以外不可。実態としては、Internet Explorerに対して、仕様により厳密に従うことを推奨することとなる。

W3C : HTML5.3content-typeによる文字エンコーディング指定は、XML構文では、効果はないものの禁止はされてなかった。

W3C : HTML5.3name属性値viewportを指定しているmeta要素content属性値に、user-scalable=no又はmaximum-scale=1.0を指定するような方式で、ユーザーがブラウザ等のズーム機能を使用することを妨害又は抑圧すべきではないとされていた。

W3C : HTML5.3:下記のhttp-equiv属性値が存在してなかった。

  • x-ua-compatible

W3C : HTML5.3:下記のname属性値の規定が存在してなかった。

  • theme-color
HTML構文におけるタグの省略
  • Void elementなので、終了タグはなし。ただし、開始タグの末尾をスラッシュで閉じてもよい(/>)。
WAI-ARIA
  • すべてのrole及びすべてのaria-*属性は指定不可。
視覚系ブラウザデフォルトとして期待されるCSS

  meta {display: none;}
  
ユーザーエージェントに対する特記事項
  • name属性値keywordsのとき、content属性値に指定されているキーワードについて、信頼性がないと考えられる場合は、当該キーワードを活用すべきではない。
  • http-equiv属性値x-ua-compatibleであるときは、それを無視することが要求される(*仕様に従うのは当たり前であるから屋上屋を重ねる必要はない、という意味合いだと思われる)。
HTML extension

RDFaによれば、下記のとおり。

  • property属性がある場合は、Flow contentカテゴリーにも属する。
  • property属性がある場合は、上記のカテゴリーが配置できる場所に、配置可能となる。
  • property属性がある場合は、namehttp-equiv又はcharsetの各属性は必須ではなくなる(name又はhttp-equivと同時指定することは可)。
  • property属性がある場合は、content属性は必須であり、property属性値で規定される値をその属性値としなければならない。
意味・用法

他のMetadata contentでは表せられないメタデータを表す。

HTML文書レベルのメタデータプラグマディレクティブ文字エンコーディングを表すことができる。

アクセシビリティ関連

私見・補足

将来的に、いくらでも機能を拡張できそうな要素である。