目次に戻る

td要素:HTML Living Standard各要素別メモ

概要

カテゴリー
配置できる場所
内容モデル
属性
  • グローバル属性
  • colspan→0を除く1000以下の非負整数。横方向に結合されるセル数を指定。デフォルトは、1
  • rowspan→65534以下の非負整数。縦方向に結合されるセル数を指定。デフォルトは、10の場合は、所属行グループ内における縦方向の残りのセルすべてを結合することを意味する。
  • headersth要素id属性値を、半角スペース区切りで複数指定可能。当該セルに対応する見出しセルを指定する。

W3C : HTML5.3colspan属性値及びrowspan属性値に上限はなかった。

HTML構文におけるタグの省略
  • 終了タグ→一定条件で可。
WAI-ARIA
  • table要素子孫である場合は、
    • デフォルトroleは、cellデフォルトroleは、role属性値に指定すべきでない。
  • デフォルトrole以外では、すべてのroleが指定可能。
視覚系ブラウザデフォルトとして期待されるCSS

  td {
    display: table-cell;
    unicode-bidi: isolate;
    padding: 1px;
    vertical-align: inherit;
  }
  
  
視覚系ブラウザにおいて期待されるレンダリング
ユーザーエージェントに対する特記事項
  • テーブル二次元グリッドとして表示することが実用的ではない環境(例えば、音声出力)において、セル内容を提示するときに、当該セルに関する情報(例えば、当該セルの位置情報、当該セルに対応する見出しセルの一覧など)を追加してもよい。
意味・用法

テーブルのデータのセルを表す。

アクセシビリティ関連

私見・補足

Sectioning rootなので最上位セクションとなるが、子要素に第二段階のセクションが含まれないならばHeading contentによる見出し入れは不要だろうし、そうでないなら見出し入れが推奨される。

td要素a要素で囲んでしまうと、tr要素内容モデルに抵触する。td要素をまるごとリンク化するなら、td要素内容a要素で囲む。

表示確認

table要素を参照。