目次に戻る

option要素:HTML Living Standard各要素別メモ

概要

カテゴリー
  • なし。
配置できる場所
内容モデル
  • label属性value属性がある場合は、
  • label属性があってvalue属性がない場合は、テキスト
  • label属性がなくて、datalist要素でない場合は、要素間空白文字ではないテキスト
  • label属性がなくて、datalist要素である場合は、テキスト
属性
  • グローバル属性
  • labelラベルテキストを指定。指定しない場合は、内容テキストラベルテキストとなる。
  • value送信値を指定する。指定しない場合は、内容テキスト送信値となる。
  • disabledブーリアン属性。指定されたフォームコントロールは無効となる(選択できなくなる)。この状態は、スクリプトを用いないと解除できない。
  • selectedブーリアン属性ウェブページ読み込み時に自動的に選択状態にする場合に指定する。multiple属性が指定されていない同一select要素内のoption要素の中では1個にしか指定できない。
HTML構文におけるタグの省略
  • 終了タグ→一定条件で可。
WAI-ARIA
  • デフォルトroleは、optionデフォルトroleは、role属性値に指定すべきでない。
  • デフォルトrole以外のroleは、指定不可。
  • disabled属性が指定されてる場合は、aria-disabled属性は指定すべきではない。
意味・用法

select要素における選択肢、又は、datalist要素によるサジェストリストにおける選択肢を表す。

私見・補足

ブラウザの実装状況を鑑みると、select要素子孫であるときは内容テキストを書いておき、datalist要素子孫であるときは内容テキストは書かない、というのがベターだろうか。

disabledの状態のときのレンダリングについては、HTML Living Standardには明記がないようなのだが、HTML4.01仕様フォーム関連の規定では、ユーザーエージェントによるものとされていたので、それに基づいて実装しているブラウザが多いと思われる。

表示確認

select要素datalist要素を参照。