目次に戻る

kbd要素:HTML Living Standard各要素別メモ

概要

カテゴリー
配置できる場所
内容モデル
属性
HTML構文におけるタグの省略
  • 省略不可。
WAI-ARIA
  • すべてのroleが指定可能。
視覚系ブラウザデフォルトとして期待されるCSS

  kbd {font-family: monospace;}
  
意味・用法

ユーザーの入力を表す。通常はキーボードによる入力を想定。

入れ子にすることによって、同時押し等を表す。

samp要素子孫要素であるときは、システムによって復唱された入力であることを表す。

samp要素子孫要素とするときは、システムによる出力に基づく入力であることを表す。

私見・補足

入れ子の仕方によって、微妙に意味合いが異なってくる(「入れ子の例」を参照)。

入れ子の例

    <kbd><kbd>Shift</kbd>+<kbd>s</kbd></kbd>
    

→「Shift」キーと「s」キーの同時押しを意味する。


    <kbd>A</kbd>キーを押すと、「<samp><kbd>A</kbd>キーが押されました</samp>」と表示されます。
    

samp要素に内包されている方は、「A」キーが押されたという事実がそのまま復唱されて画面に出力されているということを表している。


    画面に表示された「<kbd><samp>Fileメニュー</samp></kbd>」をクリックした。
    

→画面に出力された「Fileメニュー」という操作の鍵となる対象に対してクリックという入力操作を実施したということを意味する。

表示確認

ソース

  ここで、<kbd>Enter</kbd>キーを押します。ちなみにこの「Enter」という単語は「入力」を意味します。
  
表示結果
ここで、Enterキーを押します。ちなみにこの「Enter」という単語は「入力」を意味します。