前書きをぐだぐだ

見出しは段落にあらず

この節では、重要なことは何も言ってないから、聞き流せ。

ああだ。

こうだ。

いろいろと、 あれやこれやについて、 書いてるけどね。
実のところ、なんでもない。

あれについて、 これについて、 なんやかんやと書くよ。

つまりは、 ってことなんだよ。
  まったくもって理解しがたい
  しかし、飲み込むしかない。
  やれやれだ。
私へのお手紙の宛先:
東京都千代田区
百条百丁目○○ビル4階
このstrong要素は、たまたま1個の段落の全体を覆ってるだけであり、暗黙の段落の一部分なんだよ。